国道23号・幸田芦谷インターから北へ5分。岡崎市・幸田町・三河エリアでキャンピングカーをレンタルするならオープンフィールド。

アミティのセルフリフォーム継続中・・・

更新日:2019/12/12open fieldについて

愛知県岡崎市の南側、幸田町のレンタルキャンピングカーopen fieldです。

先日床に断熱を施したアミティですが、完全に沼にハマってしまい、あらゆるところをリフォーム中。

といってもキャンピングカーのリフォームなんて(いやそもそもリフォームなんて)全くのシロウトなので、リメイクシートやタイルシートを貼るくらいなんですが・・・

ちょっとのことでとても印象が変わるもんだなーと感じています。

もともとのアミティの内装と言えば、

良く言えばシンプル、悪く言えばのっぺりとしたインテリアたち。

アミティの中でも当店のリミテッドというグレードの内装はこんな感じなのです。

今は「Bosco」や「Porto」などインテリアコーディネーターが監修したオシャレな内装のアミティが人気みたいですね。

元々の内装がシンプルなので、足し算をしていけばいい感じになるかな?と、また得意の見切り発車をしました。

 

まずはテーブル。

床同様に「冷たっ」と驚かれることもしばしば。

Before…

そしてAfter…

イケテル!!

このブラックタイルシール、色んな店を回って探したんですがなかなか手に入らず。

結局Amazon様にお世話になりました。

表面が少しペタペタしているので滑り止め効果もあり、急ブレーキでスマホが滑り落ちた!なんてこともなくなりました。

 

そして上部のキャビネット。Beforeは最初の画像を参照してもらって。

After…

モザイク木目のリメイクシートを使いました。

これも色んなお店で探しましたが、質感とコシ、厚さからDCMのものを採用しました。

きっちり測ってから切って貼ってるつもるなんですがあら不思議。

全然大きさが合わない。時空が歪んでるのか…?

だいぶ隙間が空いているところもあるので、ジロジロみないでネ・・・

 

それからギャレーと呼ばれる水回り。

この天板は元々テーブルと同じ材質で、冷たくあっさりとしたものでした。

After…

ブラックのシートでかっこよく。

自作ステンシルで店名も入れてみました。

というのもシートの張り合わせがどうしてもうまくいかず、納得できなくて。。。

貼り合わせ感をごまかすために店名をいれたら、これがまたCOOLな感じになりました。

 

テレビ台も同じブラックのシートで。

冷蔵庫はブラックタイルで。

っと、こんな感じでどんどん雰囲気変えてます。

完成までもう少し!

全体が公開できる日を今しばらくお待ちください。

 

open field ひらのあや